忍者ブログ
EXBreakerの報告事やWeb拍手レス、管理人の天海澄の適当な日常を描いたりするところです。
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「みなさま、メリークリスマス。いつもEXBreakerがお世話になっています。管理人の天海澄です」
「メリークリスマス! phaseⅠ主人公の、高町ヴィヴィオです」

(作者とヴィヴィオ、頭を下げる)

「……さて、これはどういう状況なの?」

(DJっぽい机に座るヴィヴィオと作者。対面して座る二人の前にはマイクが置かれている)

「いやね、どうしてもこういう風なことをやってみたくてね」
「……また影響されたの?」
「うん。生まれたての風さんの投稿小説にある、コルタタさん作の『とある魔道師と機動六課の日常』が作者は大好きでね。数あるリリカルなのはSSの中でも、かなり秀逸な作品だと作者は思うんだ」
「で、そこでコルタタさんがラジオのDJ風にWeb拍手レスをしてるから、ここでもそれにあやかってみよう、と」
「そのとおり。まぁ、ぶっちゃけた話、なんだかよく分からない天海澄の内向きな日記を読むよりは、キャラクターがお話してるのを読む方が楽しいでしょ。本当はここにも作者じゃなくて、作者の気持ちを代弁できるオリジナルなキャラが出演するべきなんだろうけど、本編にまだそういうキャラが出ていないので、作者が語ります」
「自分で言ってて悲しくならない?」
「いいんだ。慣れてるから」

(作者、遠い目をする)

「……では、ひきこもり思想の作者は放っておいて」
「ひどい!」
「このblogの存在意義でもある、Web拍手レスをラジオのDJ風にしようと思います」
「今日はクリスマスということで、サイトが設立してから半年間の間にきたメッセージ大体全部にレスしようと思います」
「大体ってどういうこと?」
「例えば、1000HITのキリ番リクエストにこれを書いてください、とかのメッセージにレスしても仕方ないでしょ。サイトでもう返信してるんだし」
「なるほど」
「それと、9月以前のメッセージはもうロダに残ってないんだよ」
「あれ? 9月以前にメッセージってあったっけ?」
「……まぁ、2件くらい?」
「…………ドンマイ!」

(水橋かおりヴォイスで励ますヴィヴィオ。超可愛いが、少し悲しい)

「それでは、さっそく行ってみましょうか。ふつおたのコーナー」

(作者、手元にあるはがき風の用紙を手に取る。本当は電子情報媒体なのだけど、こういうのは気分が大事)

「あ、その前に」
「何?」
「今日、クリスマスなんだよね」
「う」
「どうしてわざわざクリスマスに、こんなことをするの?」
「……………………」
「……………………」
「……だって、彼女いないし、クリスマスなのに家で一人だし」

(ちなみに、作者は23日には部活の稽古納めの後、そのまま部員達とドキッ! 男だらけの鍋パーティー、24日には先輩と組んで知り合いのカップルの家数件にぶっ込みをかけた後にミートパイとアップルパイを自作して別の部活の仲間と独身貴族の会に参加しました)

「……彼女がいれば、ミートパイだってアップルパイだって何でも作ってあげるのに」

(作者、いじける)

「……元気、出して」

(悲しそうな顔で慰めてくれるヴィヴィオ。9歳児に慰められる20歳とは、かなりひどい光景である)

「……気を取り直して、拍手レスをしましょう」






>>長編phase I 続き楽しみに待ってます。(2008/9/26)


「ありがとうございます!」
「ありがとうございます!」

(作者とヴィヴィオ、深々と頭を下げる)

「この頃から、作者の長編を読んでくれている方がいてくれたんだね」
「嬉しい話だよね。こんなタマナシの作者の話を読んでくれるなんで」



>>え!?天海澄さんの本は是非とも欲しいです!頑張って買いに行きます! byハットリ (2008/10/02)


「いつもお世話になっています」
「ハットリさんはもう常連さんっぽいですね。他にもいくつか拍手のログが残ってるし」
「超ありがたい話です。今度のイベントで名乗り出てくだされば、何かサービスしますよ?」



>>なのはPartyお疲れ様でした。本を買わせて頂きました。後でじっくりと読みたいと思います。(2008/10/13)


「たった28部しか刷っていないサークルEXBreaker初のコピー本の購入者様です」
「あんな内容が表紙負けしてる本を、よく買ってくれましたね。ありがとうございます(水橋かおりヴォイス)」
「ぶっちゃけた話、作者は完成した表紙を見たとき、こりゃ内容が表紙負けしてるな、と心の底から思いました。ありがとう東国四季」
「東国四季先生の作品はpixivかmixiで見ることができますよー」



>>phaseⅠ、アリカが一番怪しいと思ってしまうのは心が穢れてるからなんでしょうね……続き、楽しみにしてます。(2008/10/19)


「このメッセージを見たとき、作者は感動しました」
「どうして?」
「だって、先読みしてくれたんだぜ? 作者冥利につきるってもんですよ」
「ちなみに、本編では、この方の考えが間違っていなかったことが判明しましたね……」

(ヴィヴィオ、肩を落とす)

「……大丈夫だ、ヴィヴィオ。まだこれで話は終わりじゃない」
「……どういうこと?」
「アリカも被害者なんだ。詳しくはネタばれになるから話せないが」
「……だよね。自分で言うのもおかしいけど、9話の推理なんて穴だらけで矛盾がまだあるもんね」
「その矛盾を解決する本編第十話、近日公開予定!」



>>おもしろかった


「正直な話、これはリアル知人が送ったメッセージだと作者は思っている」
「心当たりがあるの?」
「思いっきりね。違ってたら申し訳ないが」



>>閑話について一言。友達云々の会話の前は、エリーゼがアリカを差す呼び方はフルネームで「アリカ・フィアットさん」か家名で「フィアットさん」でないと少しおかしい気がします。ヴィヴィオも「アリカちゃん」で呼び捨てにはしてませんから。 (2008/11/16)


「…………」
「……ねぇ、澄さん」
「なに、ヴィヴィオ」
「……ばっかじゃないの? (神田朱未風の言い方で)」
「はい。申し開きもございません。作者は修正した後に凹みました」
「このお話、他にも指摘こそされてなかったけど、エリーゼさんとアリカちゃんを素で間違えてたよね?」
「はい。もう何も言えません。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」

(作者、椅子の上で土下座する)

「と、このように作者も反省していますので、許してくださるとありがたいです」



>>ああああ!可愛すぎますよ!年中無休のラヴラヴバカップルと初々しいバカップルは本当においしいですねwしかもこたつとは魅力的ですwありがとうございます! あと、中学生なら十年の付き合いじゃないと思います・・・細かいこと言ってすみませんby武蔵 (2008/11/29)


「……はい、澄さん。お祈りの言葉は済ませましたか?」

(ヴィヴィオ、ザイフリートを振りかぶる)

「……悪気はなかったんです。つい、StrikerSの気分が抜けなかったんです」
「これ、東国四季先生にも指摘されてたよね」
「うん。ただ、不幸中の幸いなのが、リクエスト主の武蔵さんにはそこそこ満足してもらえたってことだね」



>>いやぁ~是非ともはやてとこたつでゆっくり四人のことについて語り合いたいものですねwでは、私はリクエストしたアリすずを待っていますね! byハットリ (2008/12/02)


「常連さんのメッセージですよ。澄さん」
「10001HITのリクエストのことなのですが、あれは10000HITの方が現われなかったら、の話なので、その……」
「そんなの、1か月以上たってから言っても意味ないでしょ」
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」


>>phaseⅠ第九話 読ませていただきました。一気に佳境へ、という感じですね。ヴィヴィオはきっちりお母さんを受け継いでますし(笑)  それと、明らかな間違いがありましたので……エリーゼさんが「ファーフニル」じゃなく、「ザイフリート」持っちゃってますよ。 (2008/12/20)


「ヴィヴィオ、ちょっと待って」
『ニヴルヘイム!』
「ふぎゃー!!」

(作者、極低温の空間で氷漬けにされる)

「まったく……。あ、私の本編での性格ですが、私は少なくてもこのサイトではなのはママが憧れの対象であり、こう在りたいと思う目標なので、なのはママを意識して描かれています。東国四季先生にはなのはみたいって言われました。けど、これからはその考えも変わりますので、お楽しみにー」

(作者の心の声:このサイトでは、ヴィヴィオが多少なのはに似すぎているんですよ。それは指摘されました。しかし、phaseⅠのテーマのひとつが、ヴィヴィオの成長なのです。だから、ここからヴィヴィオは『なのはママみたいな魔道師』から『高町ヴィヴィオ』に成長する予定です)



>>phaseI、読んでます!応援してます!! (2008/12/21)


「ありがとうございます!」
「うわ、もう復活した」

(作者、何事もなかったかのように椅子に座る)

「だって、作者はこのサイトにおいては絶対者だし」
「その割にヘタレでチキンだよね」
「……否定できねー」






「と、レスは大体こんな感じですね」
「メッセージを送ってくださった皆様方、ありがとうございました」

(作者とヴィヴィオ、深く深く頭を下げる)

「次にこんな風にレスをするのはいつくらいになるのかな?」
「正直な話、頻繁にメッセージが来るほど作者は上等なSSを書いていないので、しばらく先になるかも」
「三か月でこれだもんね」
「HIT数も一日60~90だからね。それだけ常連さんがいてくださっているのは本当にありがたい」
「Web拍手レスができるだけ上等だよね」
「そうそう。高望みは良くないよ」
「だね」
「じゃあ、今日はここら辺で」
「EXBreakerは、皆様方からののっぴきならない意見や指摘や指摘をお待ちしております」
「二回言ったね」
「大事なことだから。それと、次回のWeb拍手レスで、作者と一緒にレスしてほしいキャラのリクエストも募集します」
「つまり、ラジオのゲストさんだよね」
「そんな感じ。第一回がヴィヴィオだったってことで」
「では。今回のパーソナリティは、phaseⅠ主人公の高町ヴィヴィオと」
「EXBreaker管理人、天海澄でおおくりしました」
「みんな、またねー」
「また次回もよろしくお願いしますー」

(声がフェードアウトする。EDはLittle Wish ~lyrical step~)
PR

コメント
さっそく見つけてしまったw
拍手レス乙w
自分も澄さんの小説楽しく読ませてもらってますよん。今後の展開期待してるぜΣb( ̄ω ̄)
【2008/12/25 20:35】 NAME[東国四季] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/18 soww]
[11/18 tolmangiff]
[11/18 elliottcam]
[11/18 willaburhc]
[11/18 wintanweor]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天海澄
年齢:
30
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1988/07/11
自己紹介:
リリカルなのはシリーズが大好きなへたれSS書き。
書くのが遅いのが問題。

↓飴と鞭。

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析