忍者ブログ
EXBreakerの報告事やWeb拍手レス、管理人の天海澄の適当な日常を描いたりするところです。
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ぶっちゃけた話をしよう」
「これまた唐突だね、澄さん」

(いつも通りラジオのDJっぽいテーブルに向かい合わせで座る作者と、最近アシスタントとしての役割が定着したヴィヴィオ)

「試験期間中の気分転換です。ちなみに、大学の予定では11日から春休みなのに、作者は2月16日まで試験です」
「化学系の悩み所だね。それでなくても実験とレポートが辛いのに」

(周りはちゃんと11日までに試験が終わる人達が理系文系問わず多かった。がっでむ)

「だから、腹いせにぶっちゃけた話です」
「こんなことしてる暇があったら勉強すればいいのに……」

(それは言ってはいけないお約束)





「20000HIT該当者も21000HIT該当者も現れませんでした」
「うわー」
「今回はわかるように、専用ページに飛ぶようにしておいたんだけどなぁ……」
「現れなかったものは仕方ないよね」
「うん。仕方ないから、もう適当にリクエスト受け付けます」
「こんなお話を書いて欲しい、という方がいらっしゃいましたらば、メールかWeb拍手にどうぞ」

(7日くらいまで受け付けます)






「今週の拍手レスは無し」
「どうして?」
「できれば、拍手レスはまとめてやりたいから」
「個人的な傾向だね」
「0人ではありませんでしたが。送ってくださった方、と言うか草之さんと漆黒の流星さんですが、また次週ということで」







「phaseⅡよりも、phaseⅣとphaseⅤが書きたい」
「それは、思っても言っちゃいけないことなんじゃ……」
「だって、せっかくいいネタ思いついたんだし。ほら、特にⅣは、作者の趣味全開じゃない」
「いや、じゃない、とか言われても、読者の方々は分からないから」
「問題は、phaseⅡもphaseⅢも当然のことならがそれなりの分量があるから、Ⅳに着手できるようになるのが、下手したら来年ということ」
「……本当に終わるのかな、symphonyシリーズ」

(実は作者本人が一番不安だったりする)

「ヴィヴィオの話も、途中で投げっぱなしだしね」
「ねえ澄さん、私は本当にアリカちゃんのことを救うことができるの? 時間的な意味で」
「……まぁ、作者の頭の中ではすべての物語がすでに完結していますので、少なくても作者だけは完結を知っているわけで」
「形にしないと分からないよ、澄さん」
「うーん、目標としては、春休み中にphaseⅡを完結させたいんだけどね」

(それができれば、今年中にphaseⅣに着手できます)

「ただ、リリカルマジカル6の原稿もあるしなぁ……」
「それなりに忙しい人生を送ってるの?」
「いや、そうでもない。て言うか、この冬だけですでに3回ほど過労で寝込んだ知り合いがリアルにいるから、そういうのを見てると自分はまだまだだと思う」

(もう少し身体に気を使おうよ、と思います)








「実は作者は、感想をくださいと言っておきながら、感想文が読めません」
「どういうこと?」
「褒められ馴れてないので、褒められたりすると単純にこっぱずかしくて、そういうのを読むのにも覚悟というか心構えが必要なのです」
「チキンだね、澄さん」
「キングオブチキンハート天海澄です」
「でも、感想は欲しいんだよね」
「やっぱり、自分の書いたお話が面白いかどうかっていうのは、いつでも気になるよ」
「わがまま」
「う」

(返す言葉もない)








「……とまぁ、ぶっちゃけたかった話はこのくらいです」
「気が済んだ? 澄さん」
「いや。実は、これからの展開とか展開とかすっげーネタばれしたい」
「作者がネタばれしてどうするの……」
「だって、例えばphaseⅤとかⅥになると、まず確実に来年になるんだよ? その間、自分の心のうちだけに留めておけと?」
「もっと早く文章を書けばいいだけの話だと思うんだけど」
「甘いぞヴィヴィオ。そんな思い通りにいったら、世の中苦労しない」

(遅筆なんです)

「ここで言えることだけ言っておくと、phase Finalまでの登場人物を換算すれば、StrikerS終了時点で生きているキャラについては、まず全員が出演できます」
「本当に?」
「あー、オーリス三佐とか、アイナさんとか、コラード三佐とか、石田先生は無理。あとルネッサも。て言うか、需要あるの?」
「それは思っても言っちゃいけないと思うんだけど」
「今日はぶっちゃけた話をすると決めたから。……今気づいたんだけど、ルーテシアとメガーヌさんも出演する余地がないかも」
「穴だらけじゃない」
「うー、全員出演できると思ったんだけどなー」

(他にも抜けがあるかも)

「もう言い残したことはない、澄さん?」
「……Ⅳでは、改造50口径コイルガンと68口径リボルバーによるトゥーハンド、使用弾丸は特殊強化エクスプローダー『チェインブレッド』とHVAP弾、発射機構は筴薬か、筴薬+コイルガン。それに、12,7×99mm弾使用の対物狙撃電磁砲『ガウスライフル』が登場します」
「……はい?」
「また、Ⅵではノットパ二ッシャー(アサルト・ノットパ二ッシャーの方)、Finalでは超電磁回転式多砲身機関砲『レールガトリング(仮)』が出演します」
「…………いや、意味が分からない。そもそも、それって何?」

(これらの仕組みや理屈、あるいは全容をググらずにイメージできた方とは良いお友達になれそうです。個人的には、エクスプローダーとアサルト・ノットパ二ッシャーを知っている人はそうそういないと思う)

「秘密。知りたい方は、phaseⅣまで待っていてくださると嬉しいです」
「澄さんの趣味が分からないよ……」
「作者の周りには、語れる人がいないのよ。あ、先に言っておきますが、『とある魔術の禁書目録』と『とある科学の超電磁砲』を、作者はsymphonyが作者の中で完結してから読みました。故に、これらからはインスピレーションを受けていません。本当に。」

(厳密に言えば、超電磁砲、という綴りはこれを読んでから思いついたんですけど)

「むしろ、影響を受けたのはHellsingとcrysisの方です」
「これまたマイナーな作品を……」

(Hellsingは漫画、crysisは洋ゲーFPSです。一見の価値ありかと)

「それでは、今日はこの辺で」
「え、こんなので終わるの?」
「このにっきは、天海澄と」
「え、えっと、phaseⅠ主人公の高町ヴィヴィオで、おおくりしました」
「にっきでのゲストキャラクターと、キリ番リクエスト、よろしくお願いしまーす」


(戸惑うヴィヴィオを余所にEDと共にフェードアウト。今回のEDは『青空のファンタジア/村田あゆみ』)
PR

コメント
クライシス
あ、FPSやるんや。クライシスおもしろい?
今は勢いでGTA4用に一機組んでしまった事を後悔は・・していない、うん。
【2009/02/02 23:26】 NAME[e] WEBLINK[] EDIT[]
slow amount deep decadal
project areas computer next hypothesis years
【2009/11/18 09:51】 NAME[elliottcam] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/18 soww]
[11/18 tolmangiff]
[11/18 elliottcam]
[11/18 willaburhc]
[11/18 wintanweor]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天海澄
年齢:
30
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1988/07/11
自己紹介:
リリカルなのはシリーズが大好きなへたれSS書き。
書くのが遅いのが問題。

↓飴と鞭。

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析