忍者ブログ
EXBreakerの報告事やWeb拍手レス、管理人の天海澄の適当な日常を描いたりするところです。
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「いよいよ2日後がリリマジ6であります。天海澄です」
「その澄さんのアシスタント役の、高町ヴィヴィオです」

(いつも通りラジオのDJっぽい机に向かい合って座る作者とヴィヴィオ)

「そういうわけなので、今回はリリマジ6スペシャルです」
「わーい。自分のサークルのことしか言わないのにスペシャルとはこれいかにー」

(ヴィヴィオさん今日も絶好調)

「相変わらず今日もヴィヴィオは厳しいね」
「そう言う風にしたのは澄さんでしょ」
「作者の意図しない方向に進んでいる気がする」
「キャラが独り歩きするのは良くある話らしいね、そういえば」
「……なんかこう、ヴィヴィオが自分のことをキャラと表現するのはものすごい違和感があるな」
「気にしない気にしない」

(今更ですけどね)

「……コホン。では、気を取り直してリリマジ6に向けてのサークルアピールと、配布本の紹介です」
「まず澄さん。リリマジ6ってどこであるの?」
「リリカルマジカル6でググってください」
「……えー」

(作者、丸投げ)

「いやだって、今更作者が説明することでもないしそれに東京は電車でどこへでもいけるでしょ。だから大丈夫」
「いいのかな?」
「多分」
「……じゃあ、澄さんのスペースは?」
「EXBreaker な30 です」

(アピールポイントです。↑ここ重要)

「また、今回はEXBreakerの表紙絵やトップ絵を描いてくださっている東国四季先生も一緒に来ます。スケブ描いて欲しい人はスケブ持ってきてくださいね」
「今回の本のジャンルは?」

「短編百合SSです。中学生時代のなのは×フェイトとアリサ×すずか。卒業直後の八神一家に、卒業後のなのは×フェイトとアリサ×すずかの5話構成。4話書き下ろし!」
「あ、そこアピールポイントなんだ」
「ぶっちゃけた話、作者が百合本以外の本出して売れると思います?」
「思わない」

(ヴィヴィオ、即答)

「……まぁ、事実だけどさ。即答されると少し凹む」
「どうせコピー本だしね」
「オフセ本にしようと思ったら貯金を全部使わにゃならん。もちろん交通費等の諸経費別で。だから無理。それこそ、プロにでもならないと」
「澄さん、まだ学生だしね」

(自分で稼げるようになったらオフセ本も可能なのでしょうか?)

「今回は上記の新刊『junior high school days』の他に、コミトレ13に持って行った『symphony×symphony』も持参します」
「……在庫処分」
「それは、放送禁止ギリギリだよ、ヴィヴィオ」
「既刊本の売り込みは?」
「……これも百合本です。それに、HPで掲載中のphaseⅠ第一話のお試し版も付いています」

(売れなかった本にお試し版とかつけても仕方なかったなー、と後から想った作者です)

「……今回は完売するといいね」
「うん。正直な話、全部売れても赤字だし、在庫が残ったりすると持って帰るのが大変だしね。後、すごいがっかりする」

(本が売れなかったときのガッカリ感は結構クるものがあります)

「今回の新刊はですね、本のあとがきにも書いたんですけど、かなり作者の意図しない方向に行ってしまったんですよ」
「例えば?」
「書き下ろしは3話くらいにするつもりだったとか、八神一家の話は本当ははやてのセクハラ話の予定だったとか、今回思っていた以上にエロス分が含まれているとか」

(全年齢対象です。間違えても18禁本ではありません。多分)

「ちなみにどのくらいのエロス分なの?」
「……かのこんよりはマシ、かな?」
「それはまた、微妙な」
「とりあえず、アマアマな百合SSを目指していたら、今回はそういう方向にいってしまいました。甘いと……思うんですけどねぇ」

(その辺の評価は、買って読んでくださった方々にお任せします)

「澄さん、他に言い残すことは?」
「リリマジ6当日にスペースに来て、『ブログ見ました』とか、メールor拍手の○○です、とかそういう風に言ってくださったら、何かオマケします」
「今までもそういうことはしてきたのに、スペースに遊びに来てくれた人って一人もいないんだよね」
「……いや。今回は、前回のイベントのときよりもHPに訪れてくれる人も増えたし、東京であるイベントだからきっと大丈夫! ……だと、いいなー」

(希望的観測)

「……だと、いいね」
「作者が思うに、こういう即売会の何が楽しいって、自分の創った本を直接買ってくれるユーザーの人と触れ合えることだと思うんです。ああ、こういう人が自分の書いた本を買ってくれるんだな、って知ると、なんだか嬉しくなりませんか?」
「いや、澄さん。経験ないと分からないから」
「とにかく、自分の本を買ってもらえたらすごく嬉しいですし、それこそがサークル参加の醍醐味なんですよきっと」

(手間暇時間お金をかける価値が、そこにはあります)

「誰か遊びに来てくれるといいね。澄さん」
「うん。天海澄は来るものは拒まない方なので、気軽に声をかけてくださいね」
「それでは、今回のスペシャルはこの辺で。パーソナリティは、phaseⅠ主人公の高町ヴィヴィオと」
「EXBreaker管理人の天海澄で、おおくりしました。皆様、おまちしております~」


(音楽と共に声がフェードアウト。今回のEDは『Climax Jump/AAA DEN-O form』

PR

コメント
とても残念に思います。
ども、草之です。
大阪在住なので行けない自分が恨めしい。金銭的にちょっと無理があるんです。自分も学生なので。

リリマジ報告、楽しみにしています。
吉報であることを祈って……。

以上、草之でした。
【2009/03/18 17:59】 NAME[草之] WEBLINK[URL] EDIT[]
無題
ありがとうございます。
地方在住の学生にはオンリーだけでも辛いものがありますからね。

関西のイベントでは、ぜひお会いしたいものです。
【2009/03/19 01:19】 NAME[天海澄] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/18 soww]
[11/18 tolmangiff]
[11/18 elliottcam]
[11/18 willaburhc]
[11/18 wintanweor]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天海澄
年齢:
29
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1988/07/11
自己紹介:
リリカルなのはシリーズが大好きなへたれSS書き。
書くのが遅いのが問題。

↓飴と鞭。

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析