忍者ブログ
EXBreakerの報告事やWeb拍手レス、管理人の天海澄の適当な日常を描いたりするところです。
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「みなさま、いつもEXbreakerへのご訪問ありがとうございます。そして先日のリリマジ6へ来てくださった方々、お疲れ様でした。EXBreaker管理人の天海澄です」
「澄さんのアシスタントを務めます、phaseⅠ主人公の高町ヴィヴィオです」

(いつも通りラジオのDJっぽい机に向かい合って座る作者とヴィヴィオ)

「さて、今回はリリマジ6のレポです」
「今回のイベント、澄さん的にはどうだったの?」
「わざわざ東京まで行ってきた甲斐がありましたね。なんだか、新しい交友関係まで築けそうです」
「毎回、イベント事になにかあるね。澄さん」
「そうなんだよ。まったくもって、ありがたい話です」
「それではリリマジレポ、いってみましょう!」


(以下、リリマジレポ)


「今回は東国四季先生も一緒に参加です」
「二人で東京に?」
「二人とも広島の某国立大学在学中。当然広島に住んでいます。今回のリリマジに参加するためには、まず東京へ向かわなければならないわけで」
「……澄さん。広島の某国立大学って……」
「大丈夫。どうせ、この放送(にっき)を某国立大学在学中の人が聴く(読む)わけがない」
「……そうだね。で、澄さんはどうやって東京に? 新幹線?」
「青春18切符~」

(青いネコ型ロボットがポケットから道具を取り出すときの効果音が流れる)

「……え?」
「片道14時間でした」
「澄さん……」
「だって、新幹線って片道で1万5千円だよ? 高いよ」
「……まぁ、そこはどうでもいいや」
「ちょ」
「で、それからどうしたの?」
「あー、うん。21時30分に品川駅に着いて、そこで噂のクオーターパウンドバーガーを食べた。なるほど、それまでのハンバーガーよりも肉の味がしますね。メガマックよりは肉を食べている感じがします。ただ、仕方ないと言えば仕方ないんですが、肉がパサパサしてますね。あと値段もマックにしては高め」

(ちなみに四季はダブルの方を食べていた)

「それから、ネカフェにて一泊。どこでも熟睡できる程度の能力持ちの作者はそこで熟睡」

(アウトドア派のひきこもりなのです)

「一方、四季は寝過ごしてしまわないようにあえて寝なかったらしい」
「真面目だね。澄さんと違って」
「……うん」
「それでそれで?」
「で、10時前くらいに会場入り。同じ建物の別の階で他にもいくつかオンリーイベントがあったようで、人の列は相当。雨の中、御苦労さまでした」
「そういえば、雨が降っちゃったんだよね」
「雨自体は2,3時間で止んだのですが、よりにもよって並び始める頃に降り始め、皆さんが入場できる頃に病みました。最悪ですね」

(天気は空気読まない)

「作者は自分のスペースへ。四季と一緒にレイアウトを考え、準備を開始する」
「それから、今回のイベントからの初の試み」
「……挨拶回り、です」
「澄さん、ものすごく躊躇ってたよね」
「ちなみに、今回挨拶に向かおうと予定していたサークル様は、管理局通信に参加した関係から時空管理局の涼香様と、The Earth ~この大地を踏みしめて~のキッド様。……いやね、お二方共、作者の先を行く先人様で、超人気の方々じゃないですか。雲の上の人ですよ?」
「すごく緊張してたよね、澄さん」
「四季から、自分のところの新刊渡したら、って言われてるんですが、そんな畏れ多いこと、できるか!」

(無理無理。こんな天海澄のコピー本を渡すとか、そんなん畏れ多くてできないって)

「でも一応新刊を持って、挨拶回りへ」
「今回から18禁コーナーへは通行証が必要だったので、まずは時空管理局の涼香様の元へ。わぁ、あの管理局ラジオの中の人が作者の目の前に! と思いながら、ドキドキしながら向かいます」

(このドキドキっぷりは異常)

「涼香様は、作者が思っていた以上に好青年で、いい男でした。いやマジで。対応もすごく丁寧で、緊張してテンパって挙動不審の作者にも嫌な顔ひとつせずにいてくださいました」
「新刊は渡せたの?」
「無理。管理局通信は参加者は貰えるから頂いたんだけど、こんなすげー本のお返しに自分の新刊を渡すとか、そんなの無理無理。逆に迷惑だろ、そんなん」

(自己紹介するときに、思わず本名を口走ったのは秘密)

「それから、次はT h e Earthのキッド様の元へ。しかし、キッド様も挨拶回りのため、ブースにおらず」
「これが後の伏線になるとは、澄さんは思っていなかったのでした」

(思っていませんでした)

「それから、雨のせいで会場が5分遅れたものの、11時5分にリリマジスタート」
「なんかこう、すごかったね……」
「うん。密度が、コミケ並みでした。改めて、リリマジのすごさを認識」

(即効で大手様に列ができるのはいつものこと)

「それから少しして、ボチボチとEXBreakerにも来てくださる方々が」
「割と順調に新刊が売れていく。コミトレでの既刊もそこそこのペースで。作者的には、かなり順調なペース」
「それで、残りが3分の1くらいになった頃」
「第1回目の、事件が起こったのです」

(いやもう、ビックリ)

「作者のスペースに、とある男性が登場。曰く『流るる、雲。のすいもう』様、とのこと」
「澄さん、驚いて立ち上がる」
「……いやね、正直、ビックリして会話の内容は覚えてないんですけどね。どうも作者の本を読んでくださって、すいもう様の所の新刊を私にくださったんですよ」

(なにが起こったのか全くわかりませんでした)

「澄さん、事件です。みたいな感じになったよね」
「いやなんかもう、作者しばらく興奮しっぱなし。最初っから四季に『朝からテンション高いな』と言われていましたが、ここで2回目のピーク」

(1回目のピークは涼香様と対面した時)

「それから少しして、新刊が残り一桁になった頃、今度は若い男性が登場。曰く『天海さんですか? 私、メールしましたロバートというものですが』」
重連運転のロバート様が、わざわざ訪れてくださいました」
「それから作者は、しばらくロバート様となぜが軍事談義とSS談義」
「ロバート様は科学兵器スキーなので、前に澄さんが『Ⅳに超電磁砲出す』ってにっきで言ったときに反応を見せてくれたのです」

(3回目のピーク)

「それからさらにもう少しして、新刊が残り2部くらいになったとき」
「伏線回収」
The Earth ~この大地を踏みしめて~のキッド様が、わざわざ作者の元に挨拶回りに来てくださって……すいません。ここは、私が向かうべきだったんです。そんな、わざわざ、キッド様にお越しいただくとか、なんかもうごめんなさい」

(4回目のピーク。ちなみに、キッド様はすごく優しそうな女性です)

「キッド様はどうやら、ヴィヴィオのSSを気に入ってくださったご様子」
「私が、キッド様に気に入ってもらえたんだよ!」

(ヴィヴィオ、胸を張る)

「それで、キッド様が新刊をくださったので、作者もキッド様に新刊を渡せました。作者ごときの新刊をお渡しして、御迷惑でなかったかどうか、それだけが心残りです」
「ちなみに澄さんは、涼香様、すいもう様、キッド様から新刊を頂くごとに、心の中で小躍りしていました」

(もう興奮しっぱなし)

「そんなこんなで、新刊46部は完売! 既刊も20部以上販売できて、作者は超喜びながらイベントは終了しました」
「興奮しっぱなしで終始テンションがクライマックス状態だった澄さんは、イベント終了後にはありえないくらいぐったりしていました」
「今までのイベントの中で一番疲れました。なにせ、予想外の事態ばかりで、作者の小さいキャパの限界突破しました」

(後日談。帰った後、よほど疲れていたのか、作者は途中で目覚めることなく11時間睡眠でした)

「最後に謝辞を。時空管理局の涼香様、The Earth ~この大地を踏みしめて~のキッド様、流るる、雲。のすいもう様、重連運転のロバート様、一緒に来てくれた東国四季、そしてEXBreakerに訪れてくださった方々、ありがとうございました。あなた方のおかげで、今回の結果です」
「ありがとうございました。心から、お礼申し上げます」

(作者とヴィヴィオ、深く深く頭を下げる)

「ちなみに澄さん、次のイベントの予定は?」
「未定です」
「えー」
「だって、リリカルなのはの次のオンリーイベントはなのはトライアングラーだけど、これも東京だよ? さすがにしばらく東京は無理。でも、他のイベントもしばらくないから、EXBreakerのイベント参加はしばらく未定です」
「……仕方ないよね」
「しばらく後になるけど、夏コミはまず落選だろうから、夏のコミトレが現実的かな」
「コミトレだと、関西だから参加しやすいしね」
「それも大事だよね」

(そう何度も遠出はできません)

「澄さん的には、今回のイベントはどうだった?」
「最高だね。新刊は完売だし、これ関係で知り合えた方々に出会えた。もう、作者はこのイベントで起こったことを一生忘れることはないでしょう」


「これで、今回のリリマジレポは終わりです。いかがでしたか?」
「だけど、澄さんはこれで終わりじゃありません。これからも、面白いSSを目指して、活動を続けていきます」
「いや、それがそうでもないのよ」
「え?」
「ヴィヴィオ、睨まないで。……えー、電撃文庫ってあるじゃないですか。あれの新人賞の応募締切って、4月10日なんですよ」
「……つまり澄さんは、それに応募してみると?」
「一回、自分にどのくらいの実力があるのか、知りたくなったもので」
「……ちなみに、今どのくらい終わってる?」
「…………導入部がまだ終わってないくらい」
「…………」
「…………」
「間に合うの?」
「7割くらいの確率で無理」
「…………」
「…………」
「す『子供の頃の夢は~色褪せない落書きで~』」
「ヴィヴィオ、それは放送禁止用語……」
「『禁則事項です♡』! 『お聞かせできないよ』!」
「そんなに罵倒しないで……」

(とてもお聞かせできない罵詈雑言の数々)

「……まったく。澄さんにも困ったものだね!」
「まぁ、更新を止めるわけじゃないし、それにSSのストックもいくつかあるから、実際にはそんなに影響ないと思うよ」
「え、SSのストックあるの?」
「実は。だから、言うほどは影響ないんじゃないかな?」
「……前準備もしてたみたいだし、それに澄さんも本気みたいだから、今回は許してあげるよ」
「ありがとう、ヴィヴィオ」
「だけど、こんな澄さんでも更新を待ってくれている人達もいてくれるんだから、すぐに終わらせること! それと、やるからには、全力全開で。無様な結果に終わったら、許さないんだから」
分かったよ、ヴィヴィオ。元から手を抜くつもりはないし、文章を書くときはいつも全力全開だから。作者は、大丈夫」

(というわけで、しばらくはそっちにメインをおきます。ですが、ストックもいくつかありますし、完全にオリジナルばかり執筆するわけではないので、今まで通りに訪れてくださると、作者は嬉しいです)

「そういうわけで、今回はここまで。パーソナリティは、phaseⅠ主人公の高町ヴィヴィオと」
「EXBreaker管理人の、天海澄でおおくりしました。EXBreakerは、皆様からの意見をお待ちしてます~」


(音楽と共に声がフェードアウト。今回のEDは『To The Real/斎藤千和・中原麻衣・井上麻里奈・高橋美佳子』
PR

コメント
全力全開で応援します!
これくらいしか、自分にできることはない。
ども、草之です。

リリなの6、お疲れ様でした。
レポを見る限り、とても幸せそうで何よりです。これを読んで自分のことのように嬉しかったのはまた別の話です。

それで、電撃新人賞に応募するとか。
それだけが理由ではないのですが、その行動力・踏ん切りの良さは本当に尊敬しています。自分は本を作ろうとも、応募してみようとも思ったことのない、ちんけなSS書きだからです。

そんな尊敬する人の新たな挑戦。
応援しないなど、ありえない!

こんな一言、しかも直接言う事も出来ない自分が本当に非力ではありますが、頑張ってください。
応援してますよっ!!

乱文失礼しました。
では以上、草之でした。
【2009/03/22 01:03】 NAME[草之] WEBLINK[URL] EDIT[]
びっくり
リリマジ大成功でよかったな。

電撃か~高校同級が担当ついてるけど、担当ついてからが長いみたいやね。
がんばれよー
【2009/03/23 00:38】 NAME[e] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/18 soww]
[11/18 tolmangiff]
[11/18 elliottcam]
[11/18 willaburhc]
[11/18 wintanweor]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天海澄
年齢:
30
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1988/07/11
自己紹介:
リリカルなのはシリーズが大好きなへたれSS書き。
書くのが遅いのが問題。

↓飴と鞭。

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析