忍者ブログ
EXBreakerの報告事やWeb拍手レス、管理人の天海澄の適当な日常を描いたりするところです。
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「夏コミに受かったよ! 周囲の知人達からはさんざん初応募はまず受からないとか言われてたのに受かったよ。天海澄です」
「そんな澄さんのアシスタントを務めます、phaseⅠ主人公の高町ヴィヴィオです」

(いつも通り、ラジオのDJっぽい机に向かい合わせて座る作者とヴィヴィオ)

「で、澄さん。修羅場ってるの?」
「絶賛ね。いや、実は今回オフセ本にするつもりなんさ。で、当然全書下ろしで5話収録予定。それに加えて、サイト開設一周年記念の企画SSでしょ。あと試験」
「……修羅場、なの?」
「中間試験+期末試験で、オフセ本だから8月には入稿しないといけないんだよ? だから、7月半ばまでに短編SSを後7本ですよ? 試験勉強しながら」

(ちなみに、試験期間だからと言ってレポートはなくなりません。毎週4つ以上のレポートを仕上げる日々であります)

「でも、いつも表紙を描いてくれる東国四季よりはマシ」
「……あー」
「彼も、個人的に夏コミに受かってるんですよ。しかも四季先生が所属する大学のサークルでも受かってるから、四季先生は計3サークルに関わっていることになる。書くイラストはカラーで合計20枚……くらいだったかと」
「なんというか、すごいね。いろんな意味で」
「加えて、別の知人と先輩もそれぞれ個人で受かったらしい」
「なにそれ」
「それは自分達が聞きたかった」

(部活で会ったら3人がそれぞれ夏コミに受かった報告ですよ。どんな確率なんだと)

「て言うか、澄さんは7話も短編SS書けるの? ネタ的な意味で」
「ああ。後7つのうち6つは百合SSだからさ。ネタ自体は楽勝です」
「…………もうだめだこの人、なんて言うかもうダメだ」











>>えー、フェイズⅢの2話と3話目、読ませていただきました。えー、フェイトが感じた違和感の数々には一切触れずに感想を(理由? あははは・・・勢いしかないリアル脳筋な僕はただただついていくだけですよ。推理やら推測なんて出来ないんだー!!)・・・とにかく、今のところではあるものの女の子を助けたこと、いい方向には動いていますよね。ただ、日記などを見るとこれから荒れる・・・のかな? とにかく、期待しております。執務官モードでシリアスやっているフェイトはなんか新鮮・・・とか思いつつ。(どうも甘いのとかポンコツなのとか親バカなのが印象に・・・)あと、僕はフェイズⅡ好きですよ? 信念と信念のぶつかりあい。敗北して、揺らいで、迷って、そこから立ち上がる様。まるでどこかの少年漫画のようなノリが大好き・・・あれ? これ魔法少女だったよな・・・。まぁ、いいか。ヴィヴィオが主役のフェイズⅠとは違う色合いで、とにかく僕は好きだと言いたいのです。つーか、かっこいいじゃん、アイゼンフォルムっ!!(断言)えー、長くなりましたが、続き期待しております。きっと最後の最後までこのお話のミスリードやらなんやらに振り回されるであろうコルタタでした。PS:ヴィヴィオへ。・・・なんつうか、ご母堂様ににっきのアドレス知られてるよね? 居ないからって安心してたら・・・おや、こんな夜中に誰が











「ありがとうございます!」
「ありがとうございます!」

(作者とヴィヴィオ、頭を下げる)

「どうすれば読んでくれた方々に面白いと思っていただけるのか。それは永遠のテーマであります」
「でも澄さん、百合以外のギャグは苦手なんだよね」
「……どうすれば、恭文とアルトみたいな軽快なやりとりができるんですか? いやマジで。長編はシリアスばっかりで、確かにギャグとか今更なんですが、お話としてお堅いから人が来ないんじゃね、とか思うんですよ」

(結構深刻。しかし、このサイトでは長編でオリキャラが主人公になることはないので、そういうギャグパートはやりにくいもの、なのかもしれない)

「ちなみに、ミスリードとか言ってますが、実際のところどうなんでしょうね? 複線とか上手く張れてますか?」
「そんなの、話が進まないと分からないって」
「ですよねー。……そういやヴィヴィオよ。お母様の件について」
「…………」
「ヴィヴィオ?」
「…………(ガクガクブルブル)」

(ヴィヴィオ、震えだす)

「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいバスター1000発とかシューター2000誘導とかスマッシャー3000発とか無着陸大陸横断とか無理です無理です本当にごめんなさいごめんなさい…………どうして山の中なの? どうしてAMF全開なの? どうして最初っからエクシードなの? あ、私が悪かったですごめんなさいごめんなさいごめんなさい・・・………」
「あー…………ごめん、ヴィヴィオ。悪かった」

(トラウマを抉ってしまったようだ。この件は作者の胸の内に収めておくことにします)











>>脂肪厚い生き物に、犬に荷車引かせるってことは寒冷地仕様? 犬に荷車引かせるのはよく見かけるけど…フェイトはミッド人だからか











「あの世界は基本的に温暖です。地理的に言うのならば、ほとんどがC気候で一部がA気候です。それっぽいところはあっても、明確なBDEHは存在しません」

「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…………」
「……なのはさん、どんだけ鬼なんだよ?」

(悪魔め……! 悪魔でいいよ。悪魔らしいやり方で、お話聞かせてもらうから)

「それなのに、どうして犬が荷車引いてたり、分厚い皮下脂肪なんて生き物が持ってるんでしょうねー?」

(ミッド人のフェイトさんにとっては、そもそも馬車なんてものが現役で働いていること自体が驚きです)











>>その蜜柑って学アリでの中の人ネタ? ・・・って、シャーマンキングのプリンセスハオのアレですか(笑)











「懐かしいですね、学園アリス。NHKなだけあって、キャストも地味に豪華。無効化+盗みのアリスなんて、反則ってレベルじゃないと思うんですよ。さすが主人公。そして植田佳奈の関西弁は素晴らしい。あと蛍が百合っぽいのもGOOD」

(作者は某動画共有サイトで全話観ました)

「まぁ、蜜柑ネタはそのままプリンセスハオですよ。完全版のクオリティには脱帽です」











>>ども、草之です。今回の敵の青年を見て感じたこと。「ヤッター!」って叫ぶし時間操作能力を持ってるHEROを思い浮かべてしまったのは何故だろうか(笑)? さて、否定しない世界。狂気にまみれた人々。あるいは、精神操作か。……ムズイ。今回の謎は真実が一つな匂いもしなければ、じっちゃんの名にかけても解けそうにない。ていうか、まだまだ推理する素材が少ない。違和感で収まっている感覚だけ。アカネさんが何か知っていれば次回、話が大きく動く予感。――――バイザウェイ。駄文同盟にて発見後マイリンクに追加させてもらいました。ちなみに経験から駄文同盟は一週間でなのはSS登録一回分の集客率です。まぁ、登録サイトの多さもあるんでしょうけどね。あと、黒ヴィヴィオまでリンク繋がってる(笑)。 いろいろモヤモヤを抱えながらも、次回を楽しみに待っています! では以上草之でした!!











「よく、黒ヴィヴィオの存在に気が付きましたね」
「リンクとか、チェックしてる人いるんだね」
「あ、ヴィヴィオ復活したの?」
「……お願い、思いださせないで」
「……ごめん」

(いくらヴィヴィオさんでも、最強のお母さんには敵わないようです)

「で、あの青年はどちらかと言えばクールです。決してビューティフルではありません」
「クール、ねぇ。また澄さんが好きな狂人じゃないの?」
「今回のは真性じゃないよ。彼には彼なりの信念があります。まぁ、狂人ですけど」
「結局狂人なんじゃない」
「いくら信念があっても、目的のために手段を選ばなくなったら、狂人ですからね。ちなみに、彼の能力は時間操作系ではありません。もっとシンプルで有名なやつです」

(ところで、サイコキネシスとテレキネシスって、どうやって使い分ければいいんですかねー。サイコキネシス、というカテゴリの中にテレキネシスが入るんだと思うんですけど。個人的に、PKファイヤーってそてれパイロキネシスじゃないの、と思ったり)

「駄文同盟さんは、今のところ一日2人~5人くらい訪れているようです」
「……微妙?」
「まぁ、まだ登録情報変えれないし、HPの更新もできてないからなんだけど」











>>続けて草之です。夏コミおめでとうございます! 行けたらいいなァ。











「お待ちしています。ぜひ、訪れてください」
「もちろん、他の方々の訪問も心よりお待ちしています。みなさん、来てくださいね~♡」

(やはり、名指しで読んでくださると嬉しいのです。あー、こんな人が作者の拙いSSを読んでくれてるんだなー、みたいな感じで)











>>揚雲雀です。まず脱字と思われる箇所から。『だが、考えてほしい。~ 大陸南側に住む我々のが、アーティファクトの恩恵を ~』「我々のが→我々の方が」でしょうか。  あと、現代でも反資本主義的闘争は繰り広げられていますよ。(むしろ今の方が結構過激かも……)  というか、フェイト執務官、純粋すぎです(笑)まぁ、それがよさかもしれないですけどね。今回の展開も、次へのつながりを予感させて面白かったです。オリハルコンの今後、期待します。しかし演説方式の状況説明、取られちゃったなぁ^^;











「Oh」
「す・み・さん♡」

(先ほどまでのトラウマに怯える表情とは違い、とっても良い笑顔のヴィヴィオ。その手には当然、ザイフリートが握られているわけで)

「Hey,Vivio! Sorry! It was innocent!」
「英語なんてわかんないよ。だって9歳だもん☆」
「畜生、これが現実か――」
『セイクリッドクラスター!』

(魔力散弾をばらまく魔法。当たると痛い)

「まったくもう! 澄さんはいつでもダメダメなんだから」
「ごめん、許して」
「……実際、誤字脱字無しは難しいよね」
「そりゃね。……で、拍手レスですが、実は作者の大学は未だに左翼団体の活動が活発……というか、阿呆な全学連が騒いでいます」

(大学側が基本ほったらかしなのは、おそらく学生の99%以上は彼らの言動を馬鹿らしいと思っているからなのだろうか)

「結局、偉い人達に逆らいたい、長いものに巻かれたくないっていう厨二思想にしか彼らの主張が聞こえません。だって論理破綻してるもん」

(彼らは働きたいのだろうか。それとも働きたくないのだろうか)

「というわけで、フェイトやシャーリーの彼ら左翼団体への時代遅れ~とかの皮肉めいた意見はぶっちゃけ作者の意見です。現代の反資本主義団体の活動、ひいては左翼団体の活動の要旨は
やる夫短編集 地獄編様の『やる夫がPMCに入社するようです』のスパイ編派遣村編をご覧ください。いや、全部が全部こうではないでしょうけど。実際に左翼団体の活動や演説を大学で聞いたりしてますが、私が見た限りではこんな感じですよ。その情熱を別の方向に持っていけばいいのにね」

(10万8000人はうるう人なんです!)












「……さて。拍手レスも終わりまして、実は作者からそこそこ重大な発表が」
「なに? まさか修羅場ってるからしばらく更新できそうにないとか、そんなぬるいことは言わないよねー」
「…………」
「…………」
「…………ごめんなさい」

(だって、試験難しいんだもん。SS短編7話はさすがに多いって)

「だもん、とか言っても可愛くないからね」
「地の文につっこまないで!?」
「さーて、そんな澄さんには」
「……もしかして、セイクリッドクラスターですか?」
「NO! NO! NO!NO! NO!」
「……トライデントスマッシャー?」
「NO! NO! NO!NO! NO!」
「……デ、ディバインバスターですか~~?」
「YES! YES! YES! YES! YES!」
「もしかしてエクステンションですかー!?」
「YES! YES! YES! ‘Oh,MY GOD’」

『ディバインバスター!!!』





(砲撃音と共にED.今回のEDは『?でわっしょい/ゆの、宮子、ヒロ、沙英(阿澄佳奈、水橋かおり、後藤邑子、新谷良子)』)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/18 soww]
[11/18 tolmangiff]
[11/18 elliottcam]
[11/18 willaburhc]
[11/18 wintanweor]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天海澄
年齢:
30
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1988/07/11
自己紹介:
リリカルなのはシリーズが大好きなへたれSS書き。
書くのが遅いのが問題。

↓飴と鞭。

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析